日本100名城

躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)は神社だった

投稿日:2007年11月24日 更新日:

甲府城の翌日に山梨県の100名城のひとつ、武田氏館(躑躅ヶ崎館)に行くことになりました。
前日の甲府城探検日記はこちらから

昇仙峡の綺麗な写真が撮れました。
山梨県はグルメも観光スポットもとても魅力的ですね。
紅葉の季節だったこともあり、昇仙峡はとてもにぎわってました。

下の川沿いを歩いて、滝まで到着するととても綺麗な虹が。
ちょうどいいタイミングでしたね~

本当は紅葉狩りがメインだったのですが、時期が遅すぎたのかすっかり枯れ木wもう1週間早いほうが良いんでしょうね。
それでもこの地形は日本とは思えないような絶景です。
パワースポットとしても有名な場所です。元気をもらった気がします。

川のせせらぎも心地よく、新緑の時期も素敵そう☆
さぁ、いよいよ武田氏館へ。

完全に神社ですね。
躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)は町の中にあるのでとてもアクセスはしやすいです。
城下町の整備がかなりなされていて、一体で史跡だなぁと感じました。

山梨県の方にとってやはり武田信玄という武将はものすごく大切にされていて素敵だなぁと。
信玄もちも美味しいし、一度は遊びに言ってください。
甲府面白い。

甲府2日目のほうとうは勝沼にある、「皆吉」にお邪魔しました。

こちらも古民家風のお店で、お味噌の田舎くささがまた美味しいんです。

【コメント】
神社です。
山梨観光のひとつとしては間違いなくあり。
あっという間に見終わってしまうので、資料館も是非見学を。

 満足度  60/100点
 城郭感  ☆★★★★
 困難度  ☆★★★★

-日本100名城

Copyright© 人生がむしゃら探訪記~ワクワクの冒険を楽しもう~ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.